口周り ニキビ タバコ

タバコが口周りニキビを悪化させる理由

口周り ニキビ タバコ

タバコが健康に良くないというのは、ほとんどの人が知っていることです。
健康上のことはもちろん、お肌にも悪影響を及ぼしているのです。
では、ニキビとタバコにも深い関係があります。
タバコには、ニコチン・タール・一酸化炭素など有害な物質が含まれています。
これらの物質が血行不良を引き起こしたり、ビタミンCが不足する原因になるのです。
血行不良やビタミン不足は、お肌に悪影響しか与えません。
このページでは、タバコとニキビの関係について詳しく説明していきます。
また、喫煙者の方の中でニキビに悩んでいる人へのお肌のケアなども紹介していきます。

 

ニコチンがビタミンCを減少させる

ニコチンが血液に吸収されると、毛細血管が細くなります。
そのため、全身に血液や酸素を十分に送ることができなくなり、肌が一気に老化してしまいます。
それが顎にできるニキビの原因の一つです。
また、ニコチンにはビタミンCやビタミンE、コラーゲンの生成を妨げ、破壊する力をもっています。
中でもビタミンCは肌にとって大切な役割をしています。

 

■ビタミンCの役割
・皮脂の分泌を抑えてくれる
皮脂の分泌が多い人は、ニキビができやすいと言われています。
また、皮脂が刺激となって赤みを帯びたりすることも。。。

 

・抗酸化作用がある
抗酸化作用とは酸化を抑える作用のことをいいます。
酸化とは物が錆びてしまう状態のことを言いますが、人間も同じなのです。

 

・ストレスを緩和する
ストレスを感じると自律神経が乱れてしまい、ホルモンバランスも乱れていきます。
このことで皮脂過多になりやすい状態になってしまうのです。

 

血行不良を招いてターンオーバーが乱れる

タバコを吸う行為は血管を収縮させます。
そのため、血液の流れがとても悪くなってしまいます。
タバコを吸うと、肌の新陳代謝に必要な栄養素が届かなくなると言われているのは、このことが理由です。
新陳代謝が悪くなるというのは、ターンオーバーが乱れるということです。
ターンオーバー機能が乱れてしまえば、角質層に古い角質や垢が蓄積する原因にもなります。
また、肌荒れの予防スピード、色素沈着を目立たなくさせるスピードも遅くなってしまいます。
これは一酸化炭素でも同じです。
一酸化炭素は血液中の酸素濃度を低くしてしまうので、体が酸欠状態になったり、肌荒れにもつながります。
ターンオーバーを正常化させるには、喫煙しないことが一番です。
他には、睡眠時間を確保する、ストレスを溜めない、栄養をバランスよくとることを意識することで、ターンオーバーの働きは正常化していきます。

 

大量の活性酸素を発生させる

活性酸素は酸素の一種ですが、「悪玉酸素」とも呼ばれています。
この量が増えすぎると肌に深刻なダメージを与えると言われています。
実は、タバコを吸うと活性酸素を大量に作り出してしまう原因になるのです。
通常だと、活性酸素が体内に作られても抗酸化物質が機能して、活性酸素を退治してくれます。
しかし、たばこを吸うことによって抗酸化物質の量は減ってしまいます。
つまり、活性酸素をやっつけるものが体内にいないのです。
活性酸素はお肌の細胞を傷つけてしまうので、お肌の老化が進む原因となります。
また、潤いが無くなり乾燥肌になることもあります。
ニキビがある場合は炎症を起こしやすくなります。
さらに、活性酸素は皮脂を酸化させる働きがあるのです。
皮脂が酸化してしまうと、お肌は大変です。
毛穴に詰まった皮脂汚れが黒ニキビの発症の原因になります。
それが進行してさらに炎症を起こし赤ニキビの原因になっていくのです。

 

喫煙者におすすめのニキビケア

正しいスキンケアをする

ニキビをなくしたいと思ったとき、まずスキンケアの見直しをしましょう。
メイク落としに洗顔はしっかりできていますか?
これを怠ってしまうと、汚れが肌に残っているため、細胞の生まれ変わりがうまくいきません。
日中は外出していない場合でも顔には汚れがたくさんついています。
顔から皮脂が分泌されています。
汗もかきます。
ホコリや菌が付着しています。
洗顔をせずに寝てしまった場合、肌はどのような状態なのでしょう。
それは、雑巾を顔に乗せて寝る状態と同じなのです。
ゴシゴシ洗うのではなく、たっぷり泡立てて優しく洗顔しましょう。
そして、洗顔のあとにはしっかり保湿をしましょう。
特にタバコはビタミンCを消費します。
しかし、ビタミンCはとても必要な栄養素なので、ビタミンC誘導体配合の化粧水を使用することをおすすめします。

 

食生活や生活習慣を改善する

毎日の食事は、肌に大きく影響します。
タバコを吸えば毒素は体内に溜まっていきます。
この毒素を排出しなければなりません。
溜まった毒素に負けない肌の免疫力を高めるには、食事に気を使う必要があります。
特に、ビタミン群とミネラルは大切です。
これらの栄養素は肌の免疫機能を高める効果があるので、毎日意識的に摂取するように心がけましょう。
しかし、ビタミン群とミネラルばかりではいけません。
しっかりバランスのとれた食事内容にしましょう。
ほかに注意することは、脂っこいものや糖分の多いものは控えるということ。
なぜかというと、皮脂の分泌を促すからです。
チョコレートがどうしても食べたい場合は、カカオ70%以上のものを選びましょう。
生活習慣を改善することで、ニキビもニキビ跡も改善できます。
口周りのニキビはホルモンの乱れとも言われています。
生活習慣を見直すことで、崩れていたホルモンバランスも少しずつ整っていくでしょう。

 

お酒を控える

ニキビにお酒は大敵です。
ビールや日本酒には糖分がたっぷり使われているのを知っていますか?
他にもお酒は糖分が高いものが多く存在します。
糖分の摂りすぎは体にとって悪影響。
皮脂が分泌され、肌荒れにつながります。
また、お酒の飲みすぎは肝機能を低下させます。
肝機能が低下してしまうと、体内に溜まった毒素は排出されなくなります。
「でも、お酒がどうしてもやめられない!」そんな人におすすめしたいのは、糖分の少ないお酒です。
具体的には、ウイスキーやウォッカ、ジンなどがおすすめです。
しかし、糖分が少なくても飲みすぎには要注意です。
アルコール分解でビタミンが失われてしまうからです。

 

できるだけタバコを控える

やっぱりこれに尽きます。
タバコは百害あって一利なしと言われるほど、体に悪影響を及ぼすと言われています。
1本吸うと、ビタミンCは25r消費されると言われています。
レモン1個でビタミンCは50rなので、約半分食べないと取り戻せません。
吸った分だけビタミンCを摂取するのは、とても大変なことです。
喫煙家が、今すぐにタバコを止めるというのは簡単なことではありません。
喫煙は習慣化しやすいので、少しずつ減らしていく努力をしましょう。
最近では電子タバコも販売されています。
「電子タバコに変えて禁煙に成功した」という声も耳にしますので、どうしても喫煙がやめられない人は、試してみると良いかもしれません。