口周り ニキビ ピル

ピルでニキビが治るって本当?

口周り ニキビ ピル

生理前のイライラや避妊や生理痛、生理不順などに役立つ薬と言えばピルです。
ただ、ピルという名前は聞いたことがあっても、その効果について知っている方は多くないのではないでしょうか?
ピルは、避妊を目的とするものとそれ以外の目的、大きく2つの目的で使用されているホルモンバランスを変化させる薬です。
まず、女性の生理周期には卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲン、黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌バランスが、一定周期で変化します。
生理前になると、男性ホルモンが増加し、男性ホルモン優位の状態になります。
この男性ホルモンが、皮脂分泌を過剰にする働きがあり、毛穴をふさいでしまうためニキビができやすい状態になるのです。
そこで、ピルを服用すると男性ホルモンを抑えて、ホルモンバランスがとれた状態にしてくれます。
そのため、ピルを服用することでニキビが治ると言うわけです。

 

ピルが口周りニキビに効く理由

大人ニキビとも言われる口周りにできるニキビは、思春期にできるニキビとは違い、ストレスやホルモンバランスの乱れ、不規則な生活習慣などが原因で、肌のターンオーバーが正常にされないためにできてしまうのです。
また、生理前になると口周りにニキビができると言う方も少なくありませんが、これは黄体ホルモンの影響によるものです。
この黄体ホルモンは、男性ホルモンと似たような働きをするため、皮脂分泌が過剰になり、過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさぎ、ニキビとなってしまうのです。
そこで、ピルを服用することで過剰に分泌されてしまう男性ホルモンを抑え、女性ホルモンを補います。
そうすることで、ホルモンバランスを整え、ニキビができにくくなるのです。

 

どらくらいで効果が出るの?

ピルには、男性ホルモンを抑え、女性ホルモンのバランスを整える働きがあることから、口周りの大人ニキビにも効果的だと説明しました。
しかし、ニキビへの効果に関しては、個人差がかなりあるようで、また12種類あるピルとの相性にもよるようです。
「効果があった」「ニキビが治った」という方は、ピル服用後1ヶ月程度で効果を感じていることが多いのですが、一方で「肌の状態は特に変わらなかった」という方も少なくないようです。
また、ニキビは日常のストレスや不規則な生活習慣など原因も様々なので、できたニキビの原因がホルモンバランスの乱れからきたものでなければ、ピルのニキビへの効果はあまり期待できないかもしれません。

 

副作用はない?

ピルは副作用で太ったり、がんになったり、将来子供が出来なくなったり…と様々な怖い噂がありますよね。
しかし、それらの良くない噂は誤解だったんです。
では、ピルにはどんな副作用があるのか、まとめていきたいと思います。
ピルを服用中は、妊娠している時と同じような体の状態になります。
副作用としては、「気持ち悪くなる・吐き気や頭痛」「乳房が張る」「体のむくみ」などが挙げられます。
こうした副作用は、ピルを飲み始めた頃に起きやすい症状で、医学的治療は必要ありません。
ただ、ごく稀に肺塞栓や肝障害、心筋梗塞が疑われるような副作用が出ることがあります。
これらはピルを服用中の方もほとんど経験したことのない副作用ですが、こうした副作用が出た場合は、直ちにピルの服用を中止する必要があります。
しかし、そうした副作用を過剰に心配する必要はないでしょう。
低用量ピルは、ホルモン量が抑えられて作られているため、副作用の発症率もかなり低くなっています。

 

ピルの種類と購入方法

現在、日本には12種類のピルがあり、21錠タイプと28錠タイプに分けられます。
21錠タイプも28錠タイプも、毎日決まった時間に服用します。
21錠タイプは21日間服用後、7日間服薬を休止します。
21日+7日間の休薬期間の28日間を1周期として服薬していくタイプです。
一方の28錠タイプは、21日間服用後、ホルモンの入っていない偽薬を7日間飲みます。
これは飲み忘れを防ぐ目的で服用するタイプで、21錠タイプと同様、28日間を1周期をして飲んでいきます。
また、その中でもホルモン成分がすべて同じ1相性ピルと、ホルモン成分が3段階に変化する3相性ピルに分かれます。
中高用量ピルや海外で販売されている超低用量ピルは、1相性ピルで、ベテランユーザーの方に人気のようです。
一方、3相性ピルは、21錠の中でホルモン成分が3段階に変化するタイプで、これは自然のホルモンバランスの状態により近くさせるためです。

 

口周りニキビのケアには低用量ピルがおすすめ

先に「ピルの種類と購入方法」でもご説明しましたが、ピルには、21錠タイプと28錠タイプがあり、その中でもホルモン成分がすべて同じ1相性と、自然のホルモンバランスに近い状態でホルモン成分が3段階に変化している3相性タイプピルがあります。
どのタイプのピルも服用方法は、生理の開始日から服用を始める「Day1スタート」と、生理が始まって最初の日曜日から服用を開始する「サンデースタート」の2通りです。
サンデースタートタイプのピルは、週末に生理が来ないようコントロールする服用法なので、週末に旅行やスポーツを楽しみたい方にピッタリの服用方法です。
ピルは毎日服用することで効果を維持できます。
なので、毎日1錠、同じ時間に服用することが大切です。
万が一、飲み忘れが出てしまった場合は、ピルを処方された病院の医師に確認するようにしましょう。

 

購入には医師の処方箋が必要

ピルは、病院で処方してもらうことが基本です。
もう少し詳しく説明すると、産婦人科や婦人科で処方してもらうことになります。
初めてピルを処方してもらう方は、問診や婦人科系の検査、血液検査など体質上に問題がないかの検査をします。
乳がんや子宮がん、その疑いのある方、肝機能障害や高血圧、糖尿病などの持病がある方など、ピルを服用することの出来ない条件もあるので、気になる方は担当医に確認してみましょう。
また、ピルは保険適用外の薬なので、自己負担額は通常の処方箋より大きくなります。
一般的には3000円前後で購入できます。
ネットで海外製のピルを安く、大量に購入することも出来ますが、成分や配合内容に保証はなく、万が一トラブルが起きてもすべて自己責任となってしまいます。
安心・安全に服用するためにも、しっかり医師の診察を受け、ピルを服用しましょう。