口周り ニキビ オロナイン

オロナインが口周りニキビに効く理由

口周り ニキビ オロナイン

口周りにできるニキビは、大人ニキビの症状に多く、乾燥とストレスが原因でできることが多いようです。
そして、この口元ニキビには、「オロナイン」が効果的なのをご存知でしたか?
オロナインは、皮膚疾患や傷の治療のために昔から使われている軟膏です。
オロナインの効果・効能説明欄には、しっかりと「ニキビ」と記載されています。
キズや炎症に効くイメージですが、この軟膏は患部を消毒・殺菌する薬なので、アクネ菌が繁殖して出来るニキビには、確かに効果があるということなのです。
また、保湿効果もあり、肌のターンオーバーも助けニキビをできにくくするのです。

 

クロルヘキシジングルコン酸塩液がアクネ菌を殺菌する

オロナインには多くの成分が含まれていますが、有効成分として記載されているのがクロルヘキシジングルコン酸塩液です。
抗菌と殺菌効果があるため、病院で消毒液に使用されていますし、手術時にも利用されている成分です。
そのため、ニキビの原因であるアクネ菌にも効果を発揮し、治療をすることができます。
また、抗菌作用で正常な肌を保ち、ニキビの再発予防にもなるのです。
さらに、殺菌剤でありながら刺激も少なく、肌に優しい成分なため、傷や炎症があっても安心して使えるのです。

 

保湿成分がターンオーバーを助ける

ニキビの改善には、肌の再生・ターンオーバーが重要です。
ターンオーバーで古い角質を落とし、新しい肌に生まれ変わらせることで、ニキビの原因を脱ことができます。
ターンオーバーができないと、古い皮膚がそのまま残り、毛穴を詰まらせニキビを悪化させます。
そして、ターンオーバーには、何と言っても肌の保湿が欠かせません。
オロナインには、保湿成分である、オリブ油・ワリセン・グリセリンが含まれています。
これらの保湿成分によって、殺菌効果のあるクロルヘキシジングルコン酸塩液が入っていても乾燥するおそれはありません。
乾燥が原因の口周りニキビにも、うるおいを保つオロナインは効果的と言えるでしょう。

 

どんなタイプの口周りニキビに効果がある?

頬のニキビや、Tゾーンのニキビはよく知られていますが、口周りニキビとはどのような症状が現れるのでしょうか?
口周りニキビは、特に大人が発症しやすいニキビで、ストレスや乾燥、ホルモンなどの体調の変化によっておこります。
ストレスやホルモンの影響で皮脂が過剰分泌した上に、肌が弱っていてターンオーバーが正常に実行されなくなります。
そして皮脂が毛穴に詰まると、アクネ菌がその皮脂をエサにして繁殖、炎症を起こして赤いニキビが現れるのです。
オロナインには、抗菌・殺菌作用があるので、アクネ菌が原因で炎症を起こしている部分(赤ニキビ)に有効なのです。

 

白ニキビや黒ニキビは治らない

ニキビには、赤ニキビの他に、白ニキビ・黒ニキビがありますが、これらもオロナインは有効なのでしょうか?
白ニキビは、毛穴に皮脂が詰まったニキビの初期段階で、炎症を起こす赤ニキビにはまだ発展していない段階にあります。
黒ニキビは、皮脂が溜まっていって酸化した状態にあり、いちご鼻と呼ばれる状態と同じなのです。
オロナインは、油分が多いため、炎症を起こす前に使用しても効果はありません。
それどころか、皮脂を一層増やしてしまい、アクネ菌が繁殖する環境を作り、ニキビを誘発させる危険性があるので使用は控えたほうがよいでしょう。

 

オロナインの使い方

赤ニキビに効果的なオロナインですが、どのような使い方をしたらよいのでしょうか?
まず、1日1回の洗顔の後に、手で患部に適量塗ります。
ポイントは、顔と手を清潔な状態にしてから塗ることです。
手に雑菌が付いていると、炎症を悪化させる原因になるからです。
また、ピンポイントで患部に直接塗りましょう。
ベタベタと顔全体に付けてしまうと、オロナインの油分で、肌がオイリーになるので気を付けなくてはなりません。
さらに、軟膏を付けた部分に絆創膏を貼り、一晩パックして、オロナインH軟膏の有効成分を染み込ませるのも、ニキビの改善を促しおすすめです。

 

副作用はないの?

万能なオロナインですが、心配なのが副作用の可能性です。
オロナインには、有効成分・クロルヘキシジングルコン酸塩液を始め多くの添加物が配合されています。
比較的マイルドな処方になっていますが、まれにかゆみ発疹、発赤などの副作用が出る場合があります。
成分を確かめ、以前に副作用が出た経験があるものが配合されていた場合は、使用を避けましょう。
そして、外用薬なので、内服するなどの間違った使用方法はやめましょう。
また、使用をして1週間以上経っても効果の出ないときは、使用を中止し、皮膚科に相談することをおすすめします。