口周り ニキビ 吹き出物

1.口周りにできるニキビや吹き出物とは

洗顔

ニキビ、特に口周りにニキビや吹き出物ができてしまうと、痛いし、見た目も気になるしで最悪ですよね。
ニキビができるのをできるだけ避けたい、できてしまったニキビは早く治したい、とは多くの人が考えていると思います。
でも、そもそもなぜ口周りにニキビや吹き出物ができてしまうのでしょうか?
実は、これらのトラブルにははっきりとした原因があるのです。
その原因となるものを取り除けば完治まで早くなるし、そもそもニキビ、吹き出物が出現しなくなります。
毎日少し手間をかけるだけで、口周りのトラブルを回避できるので気になる方は今日から対策をしてみてはいかがでしょうか?

1-1.大人ニキビと呼ばれる口周りのニキビ

人間は、中学から高校にかけて、思春期の頃にはおでこの辺りにニキビや吹き出物が集中しますよね。
これが大人になるにつれて、徐々にニキビなどが下に移ると言われています。
口周りは顔の下の方なので、これが大人ニキビと言われる所以らしいです。
また、口周りのトラブルは胃の状態を表している、ともよく言われます。
若い間は親が生活面をサポートしてくれますが、大人になって独り立ちすると、アルコールやタバコ、生活習慣の乱れなどで胃を悪くしてしまうことも大人ニキビと呼ばれる理由の一つかもしれません。

2.口周りに発生するニキビや吹き出物の原因

洗顔

思春期の頃にできてしまうニキビに関しては、ホルモンバランスが安定していないために起こる過剰な皮脂分泌が原因であることがほとんどです。
しかし、大人になると必ずしもホルモンバランスだけが原因ではなくなってしまいます。
他にも、内臓からのSOSとして口周りにニキビができてしまったり、不潔にしてしまって細菌が繁殖することが原因になることもあります。
治療方法、対策方法はそれぞれの原因によって異なるため、なぜニキビ、吹き出物ができてしまったのか、その原因を考えることがまず治療の第一歩になります。
最近生活習慣が乱れていたり、洗顔が不十分、過剰にやりすぎたなど何かしら原因があるはずです。

2-1.口周りの吹き出物は内臓からのサイン

中学生から高校生になるまでにできてしまう思春期ニキビは別として、大人の口周りニキビ、吹き出物には原因がある事がほとんどです。
「肌は内臓を映す鏡」という言葉があるように、体の内側の不調は肌にとても大きな影響を与えます。
口周りに出来るニキビは特に「胃」の不調が影響していると言われています。
食べ過ぎやアルコールの飲みすぎにより、胃に負担をかけてしまったり、ストレスなどの精神的な面も胃に刺激を与え、胃の働きが低下してしまいます。
胃が荒れてしまうと、倦怠感、四肢のむくみ、貧血、めまい、など生活に支障をきたしてしまうことも少なくありません。
「口元が荒れている=胃が荒れている」という事実を認めて早急に生活習慣を改善したりする必要があります。

2-2.ホルモンバランスの乱れがニキビを招く

20歳までに比較的多いのがホルモンバランスの乱れによるニキビです。
これは、口周りと言うよりも、おでこ、鼻周り、顎にできてしまうことがほとんどで、主にホルモンバランスの乱れからくる皮脂の過剰分泌が原因であることが多いです。
特に、生理周期によってホルモンバランスが著しく変化する女性に多く見られます。
プロゲステロン(黄体ホルモン)は生理前に増加するのですが、このホルモンには分泌されると身体は妊娠のために水分を蓄えて皮脂の分泌を催す作用があります。
その結果としてニキビができてしまいます。
もちろん、ホルモンバランスの乱れは生理周期だけではなく、生活習慣の乱れ、食習慣の乱れなどによっても引き起こされてしまうため抜本的な生活の見直しが必要になるケースもあります。

2-3.男性と女性では原因が変わる?

ホルモンに起因しないニキビ、吹き出物に関しては男女で理由が共通なものと、そうでないものとがあります。
共通している原因として、口周りを清潔にしていなかったことから細菌が繁殖して炎症を起こしている、ということが挙げられます。
洗顔が不十分であったり、はたまた過剰な洗顔で肌が傷ついてしまい、そこから細菌が入り込んでしまいニキビ、吹き出物になってしまうこともあります。
これに加えて、男性の場合には髭を剃る際にカミソリの刃で肌を傷つけてしまい、そこから菌が入り込み炎症を起こしてしまうことも知られています。
逆に、男性はホルモンバランスが女性ほど変化しないため皮脂分泌が一定なので皮脂分泌が原因でニキビになることは少ないようです。

3.口周りのニキビや吹き出物を予防する方法

どのような原因でニキビになってしまったとしても、まず最初にしなくてはいけないことは患部の洗浄、保湿です。
皮脂分泌が原因であっても、傷が原因であっても細菌による炎症が起こっているからニキビができてしまっているため、できるだけ患部を清潔にした上で保湿することが治療の第一歩です。
特に、保湿することで外部からの菌の侵入を防ぐことができるため治療を早めることができます。
最近では、洗浄、保湿成分に優れたニキビケア用の化粧水、美容液も発売されているので、これらを利用すると良いでしょう。
特にオススメなのが、【proactiv+】という商品で、高い洗浄力、保湿力から人気のある化粧水の一つです。

 

3-1.口周りのニキビや吹き出物は体の中からのケアも大切

ニキビケアには洗浄と保湿が大事になることは説明しましたが、いくら身体の外側をケアしてもそれは一時的な物であって、真の意味でニキビや吹き出物と決別したいのであれば身体の内側にも気を使う必要があります。
生活習慣が乱れていては何度でもニキビはできてしまいますし、不摂生が続けばこれまたニキビや吹き出物がでてきてしまいます。
化粧水や美容液等でスキンケアをしたら、それと並行して身体の中も綺麗にしていきましょう。
特に重要なのが、肌を綺麗にする働きのあるビタミンCです。
ビタミン不足に陥ると、乾燥肌、敏感肌など数々の肌トラブルにも発展してしまうため、サプリメントでも食事の中からでもいいので意識して摂るようにしましょう。

 

3-2.なかなか治らない場合や繰り返す場合は生活習慣と食生活の見直し

身体の内外に気を使っているのに中々ニキビが治らない、または繰り返しニキビや吹き出物が出てしまう場合には生活習慣の見直しをしてみた方が良いでしょう。
あまり意識されていませんが、動物性油脂が多いもの(牛肉や豚肉など)、糖分が多いもの(アイスクリームやチョコレートといった菓子)は皮脂の分泌量を高めてしまいます。
間食が多い人は間食を抑える、お肉が好きな人はお肉を控えるか、あるいは比較的油脂が少ない鶏肉、ササミを食べるようにするなど対策が必要です。
また、もう一つ忘れてはいけないのが緑黄色野菜を摂ることです。
肉類、魚類では摂るのが難しい各種ビタミンや食物繊維が豊富で体調を整える役割があります。

 

3-3.口周りのニキビと吹き出物ケアをしている口コミ体験談

「最近、生活が不規則になっていてニキビや吹き出物に悩まされる日々を送っていました。ある日、知人からニキビ対策には洗浄、保湿効果のある化粧水を、そして食事内容が大事と教えてもらい本格的な治療に乗り出すことにしました。まず、ニキビケア用に以前から気になっていた【proactiv+】を購入し、食事を野菜中心にして、さらにサプリメントで足りないビタミンの補強をしました。意識して治療を始めてから一週間ほどで目立ったニキビは消え去り、一ヵ月程度でニキビの再発率もかなり落ちました。ニキビは努力をすればすぐに治せるんだと知り、今では自分にもっと自信が持てるようになりました!(30代女性・専業主婦)」