鼻ニキビはつぶして中身を出した方がいい?

鼻ニキビはつぶして中身を出した方がいい?

海外のニキビの治療法に、考えられない事が行なわれているときがあります。それは、鼻ニキビなどのニキビをつぶすという治療。つぶした方が皮脂が出て治りやすいということがまことしやかに実行されているんです。でもこれは全くの俗説。やはり鼻ニキビにしても、どの部分のニキビにしても、つぶすということは炎症を起こす要因となる良くないことです。

 

 

 

特に鼻ニキビについては、つぶしてしまうという人が日本人でも多いようです。ぽこっと大きくなりその中心点に白く脂質が見えるとなると目立たないようにつぶして中の脂質を出してしまう方がいい、と考える方もいるんですね。つまり鼻ニキビのニキビの芯を押し出してしまう方が目立たないと思ってしまうんです。

 

 

 

確かに鼻ニキビをつぶすと一時的に小さくなりますし、目立たなくなるかもしれません。でも確実に皮膚は傷ついていますし、炎症を起こしやすくなります。皮膚にダメージが強くなればその後鼻ニキビの跡が残り、色素沈着を起こしたり、ある程度の時間が経過してから凸凹になってしまうということもあります。

 

 

 

鼻ニキビは確かに目立ちますし、つぶして小さくしたいと思うのはわかりますが、つぶしても炎症を起こしたり、傷をつけたりするだけで後に消せないニキビ跡になってしまう可能性もあるんです。決してつぶさないこと、これは大原則ですよ。