敏感肌のニキビ、何とかしたい

1. ニキビや肌荒れができてしまう敏感肌の方が気を付けなければいけない洗顔

敏感肌だと洗顔をすることで荒れるのが怖くて、洗顔回数を極端に減らしてしまう人がいます。
余分な角質や皮脂をそのままにすると、顔全体がくすんだり、色素沈着してシミができたり、深いシワの原因になったりなど、肌トラブルが起こってしまいます。
洗顔回数を減らすよりもまずは正しい洗顔法を知り、実践していくことが大事です。
正しい洗顔法を実践すれば、敏感肌でも荒れないですし、改善する場合もあります。それほど洗顔は大事ですので、極端に回数を減らさず、正しい洗顔法を心がけましょう。

1-1. なぜ敏感肌は洗顔に気を付けなければならないの?

敏感肌の特徴としては、もともと肌が薄い、乾燥しやすい、外的刺激に敏感に反応しやすいなどがあげられます。
本当の意味での敏感肌体質の人はごくわずかで、ほとんどの人が何らかの原因で敏感肌に傾いてしまっていることが多いです。
原因で多いのは間違ったスキンケアです。洗顔後の肌は外からの刺激が受けやすい状態ですし、洗いすぎや肌に合わない化粧品を使い続けるなどの原因で敏感肌になってしまうことがあります。
他にも生活習慣や花粉などのアレルギー体質が原因の場合もありますが、まずはスキンケアを気をつけてみましょう。

1-2. ニキビや肌荒れを改善できる敏感肌の為のおすすめの洗顔方法

まず洗顔石鹸は固形石鹸がお奨めです。肌への刺激が少なく、水で綺麗に洗い流せるのでお奨めです。
そして洗顔で重要になるのは泡のきめ細かさです。ネットを使ってモチモチとした弾力のある泡を作りましょう。
肌に乗せる際は、指が直接肌に触れないようにまずは鼻のTゾーンや額へ。次にほほや顎に乗せ、最後にデリケートな目元と口元へ乗せましょう。
顔全体が泡に包まれて汚れが浮き上がってきたら洗い流します。熱いお湯ではなく、水に近いぬるま湯(30〜35度)で流すのもポイントです。
丁寧に泡を落として、清潔なタオルで軽く抑えるように水気を拭き取りましょう。

2. 敏感肌に最適なおすすめのスキンケアの方法

クレンジング料は比較的肌への刺激が少なく、メイクもきちんと落とせるクリーム・ジェルタイプがお奨めです。クレンジングを行う際は、適量を意識して皮膚が引っ張られないように優しい力で行います。
洗顔料は天然の界面活性剤が使われている固形石鹸がおすすめです。洗顔方法も皮脂を取り過ぎないように優しく洗い、ぬるま湯でよくすすぎましょう。
化粧水は「水溶性美容成分」が配合されているものがおすすめです。化粧水を手のひら全体を使って、ゆっくりと押し当てるように馴染ませることがポイントです。
美容液は保湿を最も効果的に行ってくれる「セラミド」が配合されているものがおすすめです。美容液も適量を手にとりゆっくりと馴染ませます。乾燥が特に強い部分は重ね塗りをしましょう。

2-1. 敏感肌におすすめの洗顔料

敏感肌の方には、洗顔フォームや泡タイプの洗顔料よりも洗顔石鹸がおすすめです。
洗顔フォーム等は洗浄力が高く、皮脂を落としすぎてしまいます。その点、洗顔石鹸は汚れとともに適度に油分を落としてくれます。
そして多くは天然の洗浄成分でできているため、刺激が少ない点もおすすめです。
選ぶときに注意したいのは界面活性剤です。固形石鹸のほとんどは天然の界面活性剤を使っていますが、合成界面活性剤を使っている固形石鹸もあります。
合成界面活性剤は洗浄力が強いので、入っていないものを選びましょう。
また、香料も入っていないほうが肌に優しいです。

2-2. 敏感肌専用の洗顔石鹸

敏感肌の洗顔石鹸選びは「敏感肌でも使えます」と表記がある石鹸を選ぶのが基本です。
表記があるものは、敏感肌でも使えるように低刺激の成分構成で作られています。
また、界面活性剤が使用されている刺激性の強い石鹸より、低刺激の無添加石鹸のほうが安心です。
界面活性剤も合成と天然のものがありますので、よく表記を見て選びましょう。
ごくまれに、緑茶などの植物エキスと肌が合わない人もいます。
無添加でも、使い始めの2周間はお肌の様子をよく観察し、自分の肌と合っているかよく注意しましょう。

2-3. ニキビや肌荒れを解消した敏感肌の洗顔方法の口コミ

・洗顔フォームから洗顔石鹸に変えたら、洗顔後つっぱるような感覚になり、あれ?と思いましたが、化粧水の入りが今までと違って驚きました。
しばらく使い続けていたらヒリヒリもだんだん良くなり、改善していってるようで嬉しいです!
・今まで熱めのお湯で洗顔していましたが、ぬるま湯での洗顔に変えたら肌への刺激が少なくてびっくりしました!お湯じゃないと泡がしっかり落ちないと思っていたんですが、
ぬるま湯でもしっかりすすげば落ちたので、これからはぬるま湯の洗顔を続けていこうと思います。
・ニキビが気になって、洗顔を1日4回くらいやっていたんですが、2回に減らしたらニキビが少なくなってきただけではなく、敏感肌も少し改善しました!

2-4. 敏感肌におすすめの洗顔料やスキンケアのまとめ

敏感肌の人にはクレンジングは肌への刺激が少ないクリーム・ジェルタイプがおすすめです。優しい力でクレンジングを行います。
洗顔料は無添加の固形石鹸がおすすめです。表記をしっかり確認して選んでください。
洗顔はぬるま湯(30〜35度)で行い、たっぷりの泡で指が直接触れないよう洗います。そして丁寧に泡を落とし、清潔なタオルで軽く抑えるように拭き取ります。
化粧水は「水溶性美容成分」が配合されているものがおすすめです。手のひら全体を使って、ゆっくりと押し当てるように馴染ませます。
美容液は「セラミド」が配合されているものがおすすめです。乾燥が特に強い部分は重ね塗りをします。

敏感肌のニキビ、何とかしたい

最近は敏感肌の方が多くなっているといわれています。敏感肌になるとよくできてしまうのがニキビ。敏感肌のニキビに対応するために必要なことはお肌のバリア機能をアップさせるということ。大人ニキビができやすくなっているバリア機能の低下をアップさせることで、炎症のひどいニキビにも対応できます。

 

 

 

バリア機能が低下してしまうのはなぜか?というと、多くの方はお顔を洗顔しすぎるという傾向にあるようです。敏感肌だからといってまめに洗顔しすぎると、お肌の脂分が奪われてしまいます。ニキビにとって皮脂は大敵・・というイメージがありますが、過剰な分以外は必要なもの。皮脂が肌をウイルスや細菌、紫外線から守っているということも忘れてはいけません。

 

 

 

皮脂を洗顔で過剰に除去してしまうと、皮膚は保護されません。ということは、細菌類や紫外線にも弱い肌になってしまう・・ということ。そうなると大人ニキビができやすくなったり、お肌の水分が外部にどんどん出てしまい、より乾燥が進み、敏感肌が悪化するということになってしまいます。

 

 

 

だからといって油分は避けたい。でも水分をしっかり取って保湿するということはとても大切なことなんです。最近は乾燥肌や敏感肌用のオイルフリーのケア商品等もたくさん販売されていますから、こうした商品を利用して、しっかり保湿することが基本です。敏感肌の人こそ、洗顔をまめに行うのではなく、水分を補うケアを基本に考えていく日宇町があります。