口周りニキビの正しい予防法−ニキビを繰り返さない肌作りとは?

1.口周りニキビの予防法を教えます!

最近口周りのニキビが増えてきたなと思っている人。
口回りだから特に気になる、またついついつぶしたくなって気づいたらニキビ跡に・・・なんてことありませんか?
そんなあなたに、ニキビの治し方・・・ではなく、その口周りのニキビを作らないようにする方法をお教えします。
もう出来ちゃってるよ。
という方、ニキビはニキビを呼ぶといっても過言ではないほど、一つできると周りにもどんどん広がっていきますよね。
そのため、是非正しい予防法を学んでいってください。

1-1.正しい洗顔でニキビを予防

ニキビ予防のための最初のステップは正しい洗顔ができているか否かです。
正しい洗顔ができていなければニキビは増えていくばかりです。
あなたの洗顔方法は大丈夫ですか?
まず初めに手を洗う必要があります。
次に水か体温ほどのぬるま湯で素洗いを行います。
そのあとに洗顔料を泡立て、おでこ、目の周り、両頬、口回り気と指の腹でくるくると洗ってください。
そして、最後に両手で顔全体に水をかけ、泡を落とします。
暑いお湯で洗うと必要な皮脂まで落としてしまうため水の温度は人肌の温度、もしくは水が良いです。
洗顔は基本朝晩の2回行う必要がありますが、スポーツなどで汗をかいた場合は、そのたびに洗い流しましょう。

1-2.洗顔後の保湿も重要

丁寧な洗顔も大切ですが、洗顔をした後の保湿も重要になってきます。
洗顔後はしっかりと保湿をしなければ肌が乾燥し、ニキビができる原因になってしまいます。
肌はパッと見潤っているように見えても中は乾燥している場合があります。
そのためしっかりと高保湿の化粧水、乳液を利用して保湿しましょう。
しかし、その化粧水も一人一人によって合う、合わないがあるため、自分に合った化粧水や乳液を使用し、保湿することが一番です。

1-3.肌に負担のかかるメイクに注意!

女性の方は例えニキビができたとしても毎日のメイクは欠かせませんよね。
しかし、ニキビができたら、肌に負担がかからないメイクをしましょう。
化粧品は雑菌が繁殖しやすい成分がたくさん入っています。
そのため、ニキビができにくい成分で作ってある化粧品などを使うことをお勧めします。
例えばノンコメドジェニックという表記のある化粧品もその一つです。
また、ミネラルファンデーションなども肌に低刺激で、ニキビ予防に役立つものの一つです。
しかし、そこまで酷いニキビでないのであれば、普段のメイクを薄くしてみたり、薬局などでニキビの薬を塗ってからファンデーションをするのも効果的です。

2.口周りニキビを体の中から予防する

口周りのニキビができる理由としてビタミン不足が挙げられます。
そのため、栄養バランスの取れた食事、ストレス解消、また良質な睡眠が大切となってきます。
睡眠はお肌が生まれ変わる22時〜26時には必ず就寝し、夜更かしを避けるようにしましょう。
また、お肌は4週間スパンで生まれ変わっていきます。
そのため、気分転換程度で良いので、1日15分は自分の好きなことをして、ストレスを解消してください。
栄養バランスの取れた食事については、次のところで説明してまいります。

2-1.ビタミンが豊富な食品を選ぼう

口周りのニキビを直すために、最も重要のはやはり栄養バランスの取れた食事ではないでしょうか。
ビタミンが豊富な食品を選び、しっかりと栄養を取ることで、徐々にニキビは治ってくるでしょう。
そこで、特に大切であるとされているビタミンCとビタミンEが多く含まれている食品を紹介します。
ビタミンCは、パパイア、キウイ、イチゴ、ブロッコリー、オレンジなどです。
ビタミンEはアーモンド、ウナギ、カボチャ、ホウレンソウです。
これらの食品をしっかりと摂取することも大切ですが、上記のもののみではなく、上記のものをとる意識をしつつ、栄養のバランスが取れた食事ができるように心がけると治りもよくなり、お肌の調子もよくなるのではないでしょうか。

2-2.市販のサプリメントでもビタミンを補給

しっかりと栄養を取ることが大切です。と言いましたが、そんなに毎日バランスを考えつつ、ビタミンをとりながら食事を準備をするのは容易ではありません。
そのため、サプリメントによってビタミンを摂取することもお勧めします。
特に口周りのニキビは栄養不足によっておこるため、足りない栄養素をサプリメントで補う方法はお勧めです。
サプリメントにも沢山種類がありますが、ニキビに効果的であるビタミンC,ビタミンB2、ビタミンB6の量がそれぞれ、一日に必要とされている85mg、1.5mg、2mgのものを選ぶと効果的です。

2-3.暴飲暴食はNG!胃を痛めると口周りニキビの原因に!

ニキビができているときはなるべき暴飲暴食は避けましょう。
ニキビ予防にはバランスの取れた栄養を取り、体の中から健康になる必要があると今まで説明してきましたが、肝臓機能をしっかりと高めることもニキビを直す鍵となっています。
胃が悪くなってしまうと、血液が胃に集められ、全身に血液が行きわたらなくなります。
そのため、代謝が低下しニキビができてしまうのです。
従って、胃もたれや腹痛などにつながる暴飲暴食は絶対に避けましょう。

2-4.良質な睡眠でストレス解消

また、先ほども言いましたが、良質な睡眠をとってストレスを解消することも大切です。
ニキビと睡眠不足は直結しており、その睡眠不足もまたストレスとつながっているのです。
基本的にダメージを受けた肌は睡眠中にケアされるため、睡眠リズムが乱れれば肌のケア力は大きく低下し、睡眠不足そのものが大きなストレスとなってしまいます。
そのため、好きなことをしてストレスを解消することも大切ですが、それ以上に毎日の睡眠時間をしっかり確保し、良質な睡眠をとることは大切です。
良質な睡眠は、ニキビケアにも、お肌をきれいにするためにも、またストレスを解消することにもつながっているのです。

2-5.生理前のホルモンバランスの乱れには半身浴

ニキビができる理由として、ホルモンバランスの乱れも挙げられます。
実際、生理前になるとニキビが増えるという方も多いのではないでしょうか。
そんなホルモンバランスの乱れには半身浴が効果的とされています。
体を温めることでホルモンバランスは整えることが可能なので、普段以上に暖かい飲み物をとったり、体が温まる半身浴をしたり、また黄体期には腹巻などを使って体を温めることが大切となってきます。
しっかりと体を温め、ホルモンバランスを整えることでニキビを予防していきましょう。

3.できてしまったらニキビ治療用の薬でケア

できてしまったニキビを直すための薬は外用薬と内服薬があります。
具体的に、外用薬はピーリング効果、殺菌作用のある、ベピオゲルと呼ばれるもの、またピーリング効果のあるディフェリンゲル、殺菌効果で抗生物質であるアクアチムクリーム、ダラシンTゲルがあります。
また、内服薬は、抗生物質のミノマイシン錠が挙げられています。
これらの薬と同じ成分が入っているもの、または同様の薬がを薬局で買って、使用するのもよいかもしれません。
食生活や睡眠に気を使っていてもニキビできてしまったら、治療薬で治すのがおすすめです。
放置してニキビ跡にならない様、なるべく早くケアして下さい。

思春期が一番ひどく、余計に気にしてしまう。

私は思春期には全然顔の手入れをしていないのにあまり出きにくい体質でした。姉はニキビがかなりできていて洗顔などまめにやってました。姉妹でも体質が全然違いました。私はあまりできていなかったので逆に出来ると目立って嫌で潰してしまっていました。あの芯がニョロっと出てくるのが楽しくて、ダメと思いながらもしてしまっていました。おかげで痕が残っている気がします。大人になってできるのはニキビじゃなくて吹き出物だと聞くのですが、何が違うのかよくわかりません。最近大人ニキビと言う言葉も聞きますが、最近吹き出物(かニキビ)か出来やすくなっている気がします。昔のつけでしょうか?

 

 

ニキビができると気になって触ってしまう。ホルモンバランスが崩れている。
ニキビの出来る場所は年齢を重ねる毎に、額からあごのほうへ向かってどんどん下がっていく、という話を聞いて、そういえば最近ニキビがよくできるのは頬のあたりだな……と。そう考えると、この話はあながち間違いではないのだなと思う。

 

自分はホルモンバランスの乱れでニキビができるということが解ってきたので気をつけてはいるけれど、定期的にニキビが出来る最近。

 

今も気になるニキビが2つ。しかもいつも同じような場所にできている。

 

なんとか防ぐ方法はないのだろうか?

 

 

食生活がそのままニキビとして現れる
ニキビができやすい体質ではないが、やはり脂っこいものやお菓子などを多く食べると1つ2つ出てきてしまう。

 

出来る場所によっては、人と話しているときにずっとニキビばかり見られているんじゃ…と不安になってしまうときもある。

 

けれど食事に気を付けていれば滅多にできることはない。ニキビ予防には食生活のバランスが大切だと思う。

 

しかし食生活に気を配り、規則正しい生活をしている友人の顔にはいつもどこかに大きなニキビが出来ている。

 

ストレスなど、他の要因もあるだろうけど、体質的にニキビが出来やすい人はかわいそうだなと思う。

 

 

ニキビがある時は出来るだけ人に見られたくない。
混合肌で悩んでいます。

 

いろんな情報を見ると、保湿が足りないから脂が余計に出てくるだとか言いますが、

 

いくら保湿をしても脂は沸いてきます。それどころか乳液で保湿をしようものなら

 

余計にベタベタします。

 

今までニキビをなくそうと、あらゆる化粧品を試してきました。

 

多少効果があった物として、プロアクティブのナイトクリーム。

 

ニキビには効果ありでしたが、脂のコントロールまではムリでした。

 

ファンデーションはやめて、ベビーパウダーはたいてます。

 

カバー力や日焼け効果はないですが、脂浮を少なくしてくれるのは、今のところ

 

唯一ベビーパウダーです。