口周りニキビは男性と女性で種類が違う?性別による原因と対処法【女性編】

1.女性の口周りニキビの原因とは

10代のころは、にきびといえば額やこめかみ、頬などにできることが多かったのに、年齢とともにどんどん下へ下がっていって、いまでは口周りやあごのにきびが気になるという人は多いのではないでしょうか。
そんな口周りにできる大人にきびや吹き出物の原因は、もしかしたらホルモンバランスの乱れかもしれません。
ホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌量が増えて、ニキビができやすい肌状態になります。
特に女性の場合は、生理前のホルモンバランスの乱れや、それによるイライラからのストレスによって、口周りのニキビができやすくなります。

2.生理周期から見たニキビのできやすさ

女性の口周りにニキビができる要因の一つがホルモンバランスの乱れです。
とくに生理によって女性のホルモンバランスは変化しますので、その影響で生理の時期にはニキビができやすいという人も多いです。
生理に関係しているホルモンは、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンと、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンです。
この2つのホルモンのバランスによって、肌の調子が変化します。
特に黄体ホルモンは男性ホルモンに似た働きをし、皮脂分泌を促す作用があります。
逆に卵胞ホルモンは美肌効果や若返り効果がある抗酸化物質と言われています。
当然、黄体ホルモンの量が増えるとニキビができやすくなるのです。

2-1.生理前

黄体ホルモンのプロゲステロンは、生理前に最も分泌されます。
これにより皮脂の分泌量が増えたり、ちょっとしたことでイライラしたり、むくみやすかったりと、肌にとっては最悪のコンディションになります。
とてもデリケートな状態ですので、過剰なスキンケアや違う化粧品に変えるといった行為は厳禁です。
肌の油分をコントロールし、さらなる皮脂の分泌を抑えるために保湿をしっかり行うのがおすすめです。
皮脂の分泌が多いからといって洗顔をしすぎたり、刺激の強い洗顔料を使用したりすると、さらに皮脂が分泌されて逆効果となる場合もあります。

2-2.生理中

生理中の肌は、とても敏感な状態です。
普段よりも優しいスキンケアを心がけましょう。
保湿を怠ると乾燥肌になり、それによってバリア機能が下がることでニキビや肌トラブルが起きやすくなりますので、基礎化粧品をしっかり使って保湿します。
また、生理中は体温が下がりやすいので、血の巡りが悪く、毒素が排出しづらくなります。
水分やビタミン、ミネラルなどをしっかり摂取して、体内の毒素をしっかり排出させましょう。
肌が敏感な状態ですので、シェービングや日焼けによる刺激、エステやパックなどのスペシャルケアによる刺激でもニキビができやすくなっています。

2-3.生理後

生理が終わった後は生理周期の中でも一番肌の調子が良くなる時期です。
なぜなら、この時期に最も卵胞ホルモンのエストロゲンが分泌されるからです。
この時期は、比較的ニキビができづらく、次の生理に向けて肌の調子を整えていくことがオススメです。
スペシャルケアなどを行うと効果が出やすいのもこの時期です。
ビタミンCをたくさん摂取すれば、美肌効果を促進することもできます。
また、新しい化粧品を試すのもこの時期がおすすめです。
ニキビ予防やニキビ跡治療のための、ピーリング治療なども肌の状態が安定しているこの時期に行うのが効果的でしょう。

3.ニキビ予防のカギ!ホルモンバランスを安定させる方法

ホルモンバランスを整えることがニキビ予防にはとても大切です。
ホルモンバランスを正常に保つためには、生活習慣を見直すのが一番です。
適度な運動や、規則正しくバランスの取れた食事、良質な睡眠をとることが、重要と言われています。
また、ホルモンバランスを乱れさせる原因の一つ、ストレスも貯め込まず適度に解消することも必要です。
無理なダイエットや、乱れた生活習慣は、デリケートなホルモンバランスを崩し、ニキビができやすい敏感肌へとつながってしまいます。
生活習慣を変えるのは大変ですが、美肌のために頑張りましょう。

3-1.運動する

適度な運動をすることで筋肉が刺激され、肌を作る作用がある成長ホルモンが分泌されます。
また、運動をすることで、ストレス解消の効果も見込めますので、自律神経が整いホルモンバランスの乱れを防ぐことができます。
ストレスが溜まるとそれに対抗するために、アドレナリンと呼ばれるホルモンが分泌されます。
このホルモンが分泌され続けると免疫力を低下させてしまい、アクネ菌の繁殖につながってしまいます。
仕事終わりや休みの日に、ジムやヨガ教室にいったり、ジョギングやスポーツを楽しんだりすることで、成長ホルモンの分泌を促し、ストレスを発散、自律神経を整えましょう。

3-2.食生活に気をつける

人間には体内時計があり、食事の回数や時間がバラバラだとリズムが崩れてホルモンバランスを崩す要因となってしまいます。
暴飲暴食を避け、規則正しい食事をとるようにしましょう。
ホルモンバランスの乱れには、イソフラボンがオススメです。
大豆製品に含まれる成分で、女性ホルモンに似た働きをしてくれます。
また、ビタミンB6は女性の代謝に働きかける成分で、マグロやカツオなどの魚に多く含まれています。
細胞膜の酸化を防ぎ、ホルモン分泌を整えるビタミンEは、植物油やナッツ類に含まれています。
こういった食品を積極的に摂取するのもいいでしょう。

3-3.良質な睡眠をとる

仕事が終わって自宅に帰り、ついついテレビを見ていたらもうこんな時間、と焦ったことがある人も多いのではないでしょうか。
夜更かしをして睡眠量が少なくなると、エストロゲンの分泌が低下してしまいます。
また、睡眠中には肌を作る作用のある成長ホルモンが分泌されるのですが、これも睡眠量が減ると、分泌が低下してしまいます。
成長ホルモンがたくさん分泌される夜10時から2時の間に深い眠りにつけるようにし、眠りを妨げない睡眠環境を整えましょう。
寝る前にパソコンやスマホの画面を見ると、眠りが浅くなりますので避けた方が良いでしょう。

口周り ニキビ 女

4.臨月にもニキビが増える?

妊娠後期から臨月にかけても、ニキビができやすい人が多いです。
妊娠中は、エストロゲン、プロゲステロンが大量に分泌されるため、プロゲステロンの影響で皮脂が過剰に分泌されます。
また、妊娠中はつわりで食事があまり取れず栄養バランスが崩れたり、子宮が大きくなり腸の動きが鈍くなることで便秘になったりと、ニキビができやすい要因がたくさんあります。
妊娠中は使用できる薬も限られますので、スキンケアをしっかり行い、ニキビを予防することが大切です。
妊娠期は肌自体がデリケートなので、肌に優しい基礎化粧品を使用しましょう。

4-1.授乳中にもニキビは増えやすい

出産後、授乳中にもホルモンバランスの影響で、ニキビができやすくなる人が多いです。
妊娠中は、生理が止まっていますが、出産して再び赤ちゃんを産むことができる体に変化していくことで、ホルモンのバランスが一時的に崩れることがあるのです。
また、生まれたばかりの赤ちゃんの世話に毎日あくせくし、ストレスを発散する時間もなく、ニキビができやすくなります。
保湿力の高い化粧品や抗炎症成分が配合された化粧品で、できれば簡単にケアできるオールインワン化粧品などがおすすめです。
忙しいママさんでも、1つの化粧品でしっかりスキンケアができるので、便利です。

生理前に出来やすいニキビ

アパレルのショップ店員をしていた頃はストレスとほこりのせいで頬に主にニキビがたくさん出ました。

 

就職活動をしていた頃は、ストレスと男性ホルモン優位のためか男性がヒゲの生える場所、顎にニキビがたくさん出ました。

 

白ニキビから黄ニキビ、赤ニキビそれと黒ニキビ全て体験したことがあり、新しいものができる度に本当に鏡を見るのが憂鬱になりました。

 

ただ、今はニキビとニキビ跡を消すためのスキンケアに力を入れています。

 

禁煙はもちろん、食生活を整え、胃を休めること。水分をとり、運動をして、便秘を防ぐこと。

 

内側からのアプローチはもちろん外側の化粧水・薬剤による助けも借りています。

 

お金と時間が非常にかかります。だから一つ伝えたいのは絶対日々の『予防』が一番低コストだということ。

 

以上です。

 

 

 

 

10代後半くらいから生理前になるとニキビが出来るようになりました。

 

ニキビができる場所は、顎とオデコ、時々、鼻の下です。

 

初めはなんでこんな場所に毎月出来るんだろう?と疑問でしたが

 

毎月出来るニキビの原因が生理と言う事に気が付き生理前は、なるべく脂っこい物を食べない様に気を付けました。

 

気を付け始めるとニキビの数も減ってきて大分ストレスフリーになった気がします。

 

ニキビは、若者に出やすいイメージですが20代後半になった今でも生理前になると出ます。

 

 

 

 

私は生理前や疲れているときや寝不足なとでたまにニキビができる時があります。

 

できてしまうと薬を塗ってもなかなかすぐには治らないので、大事な用事や誰かに会うときには本当に憂鬱になります。

 

なのでいかにできないようにするかをいつも考えます。

 

とはいっても毎月生理前というのは毎月やってくるので防ぎようがありません。

 

仕方ないのでコンシーラーで隠してみたり、気を紛らわすために薬を塗ったりして対処しています。

 

生理が来てしまうと肌トラブルも落ち着くのでとりあえず一安心です。

 

 

 

 

今はすっかりよくなりましたが中学生から高校生にかけてはひどいニキビでした。

 

とくにほほにたくさんできていつも赤いほっぺで恥ずかしく、鏡を見るのも嫌な時期もありました。

 

皮膚科に行ってお薬をもらっても少しもよくならず、母に市販の薬を買ってきてもらったり

 

サプリメントを飲んだり…といろいろなことを試してみました。

 

その後、洗顔が一番重要なのではないかと思い、刺激の少ないミネラルがたくさん含まれている石けんを

 

使用するようになると新陳代謝が活発になったのか、少しずつ肌がきれいになっていきました。

 

今ではよほどストレスや疲れがたまらないとできなくなったのでほっとしています。