口周り ニキビ 皮膚科

口周りのニキビの原因と皮膚科の治療内容を解説

ニキビは男女共に美容の大敵といえるでしょう。
痛みが生じますし痒いこともあるでしょう。
また、ぶつぶつがあるのは特に女性においては避けるべきことであるといえます。
そこで、口周りのニキビの原因とその改善策、予防法、そして皮膚科における治療内容を説明いたします。
原因を知り、対策をしり、皮膚科ではどんなことを処置してもらうことができるのかを知れば、様々な点で自分の為になることでしょう。
口周りのニキビの理解を深め、対策としましょう。

 

口周り ニキビ 皮膚科

女性の口周りニキビの原因

女性の口周りのニキビですが、内因的理由と外因的な理由があります。
外因的な理由としてはスキンケアがあります。
スキンケア自体が悪いのではないです。
そもそも、口周りは刺激に強くない部分です。
その為、体質に合っていないスキンケア用品を使っていたり、洗い落としがキチンと出来ていないと、ニキビができてしまうことがあるのです。
内因的な理由としては、ストレス、老化、ホルモンバランスの乱れがあります。
また、食生活の乱れや睡眠不足が口周りニキビの原因となることもあります。
特に、女性はホルモンバランスを崩しやすいので注意しましょう。

 

生理前はホルモンバランスが崩れる

ホルモンバランスの乱れが口周りニキビの原因である、というのは前述の通りです。
では、どうして女性にはその傾向が強くあるのか、といいますと生理前にホルモンバランスが崩れやすいからです。
要するに体調に支障をきたすことがあるわけです。
しかし、そもそも女性のホルモンといっても実はいくつかあります。
特に代表的であるのが、エストロゲンとプロゲステロンです。
この二つをよく理解して、対策をするとニキビができにくくなるでしょう。

 

エストロゲンとプロゲステロン

まず、エストロゲンは、卵巣ホルモンと呼ばれているものであり、生理の前半周期の安定を担っています。
プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれており、こちらは後半の期間の維持、そして妊娠黄体の形成などを担うホルモンです。
どちらも生理前にバランスが崩れやすく、それが自律神経などにも影響があるとされています。
体質もあるのですが、規則正しい生活をして、栄養バランスのとれた食事をすれば少なからず整っていくことでしょう。
ストレスも大敵ですから、スレトス解消の術や溜めないような工夫を凝らすとよいです。
それが遠因、或いは直接的な原因となって口周りのニキビとなるのです。

男性の口周りニキビの原因

男性でも口周りにニキビができることがあります。
ニキビは、男女共に起きる可能性はあるのです。
但し、男性特有の原因もあります。
男性でもニキビは辛いものです。
見た目にもそうですし、痛みが強く生じることもあるのです。
男性であろうとニキビの対策をしっかりと行いましょう。

 

外的要因となる髭剃り

男性のニキビの外的要因としてあるのが髭剃りなのです。
男性は口周りに毛が生えやすくなっています。
もちろん、人によって程度は様々ですが、髭が毎日生えてきます。
成人男性となれば、毎日髭剃りをしている人が殆どでしょう。
この時、肌を剃刀などで刺激すると、それが原因でニキビができることがあります。
髭剃り自体はしなければならないでしょうから、少しでも滑らかに、刺激を与えないように髭が剃れるように良いシェービングクリームを使いましょう。
それだけでも髭剃りによるニキビの発生はかなり防ぐことができます。

 

ホルモンバランスの乱れ

男性もホルモンバランスが崩れることにより、肌荒れやニキビの原因となることがあります。
ストレスは当然として、タバコや飲酒などによってホルモンバランスが正常ではなくなることもあります。
飲酒やタバコがストレスの解消の手段となっている人もいるわけですが、体調の観点からいえばこの二つは肌によくないです。
少なくともホルモンバランスを整えるような作用はありませんから、程ほどにするように心がけましょう。
タバコも飲酒も男性のみの嗜好ではありませんが、男性側に多いのは確かです。
控えることができればそれが肌荒れ、ニキビ対策となります。

男女共通の口周りニキビの原因

男女で習慣には違いがありますから、口周りのニキビができる原因にも違いが出てくるのは確かです。
ですが、共通して問題となる行為もありますから、それをいくつかご紹介しましょう。
肌によいこと、悪いことに関しては男女に差があるわけではないのです。
普段から何気なくやっている肌ケアなどが肌に悪かった、肌の炎症を引き起こした、なんてことはよくあります。
共通といえる原因をよく頭に入れておき、それをしないようにする、日常生活で注意するととても効果的です。
それこそが男女共にニキビ対策、肌荒れ対策とできるわけです。

 

過剰な洗顔で皮脂がなくなる

洗顔をしない人はいないでしょう。
しかし、洗顔によってニキビや肌荒れが起きてしまうことがあります。
肌には乾燥が大敵なのです。
というのも、実は皮脂には肌を保湿する役割があるからです。
あまりにも洗浄力が強い洗顔料で洗うと、皮脂が必要以上に落とされることがあります。
それこそがニキビの原因となってしまうのです。
皮脂によって守られている肌にダイレクトにダメージがいってしまい、それかニキビ、つまりは炎症を引き起こすことがあるのです。
また、紫外線などにも弱くなります。
ですから、洗顔や洗顔料に注意することが対策となるでしょう。

 

胃や腸など内臓の疲れ

内臓関係の疲労によってニキビ、吹き出物ができることもあるでしょう。
これは口周りに限定されることではありませんが、とにかく出来る可能性が高くなるのは確かです。
胃腸が疲れると特にニキビができやすくなるので、注意しておきましょう。
具体的に、どんなことで内臓の疲労を溜めてしまうのか、といえば、食事です。
偏食はもちろんですが、過度に辛い物やアルコールの類も基本的にはお勧めできません。
お酒は嗜む程度であれば誤差の範囲ともいえますが、出来るだけ避けたほうがよいでしょう。
どうしても内臓に負担がかかるのが脂物、刺激物、アルコールの類なのです。

 

ストレスによる過酸化脂質と自律神経の不調

ストレスによってもニキビは引き起こされます。
ストレスの負荷が強くなりすぎますと、どんどん過酸化脂質が発生されていくことになります。
過酸化脂質とは、コレステロールや中性脂肪といった脂質が酸化した物です。
コレステロールや中性脂肪が酸化する理由にストレスがあります。
更には自律神経が失調していきますと、肌が正常な状態からどんどんズレていきます。
つまり、ニキビができやすい環境になってしまうわけです。
ストレスによって体調が悪くなることは実感できることでしょう。
それもニキビに繋がっています。

 

寝不足など生活習慣の乱れ

徹夜をした後にニキビができたことがありませんか?
寝不足も十分にニキビの原因になります。
生活習慣が乱れますと成長ホルモンが分泌されにくくなりますし、それにより新陳代謝も相当に悪くなります。
ニキビができた後、寝不足の状態が続きますと治るのが遅くなるのも新陳代謝の不調が原因です。
運動不足も理由の一つとなります。
運動すると、汗をかくことによって毛穴のゴミの排出ができるからです。
また、運動によるストレス解消、そして自律神経の調整、是正の効果も期待できます。
逆をいいますと運動が不足しますとニキビができやすい状況に陥りやすいわけです。

口周りにニキビができた時の対策

口の周りにニキビができることはよくあります。
その原因をいくつか紹介しましたし、注意しておけばある程度は防ぐことができるでしょう。
しかし、それでも口周りにニキビができてしまうことがあります。
そんなときの対処法を紹介いたします。
まず、どんなタイプのニキビ、肌荒れであろうと基本は触らないことです。
触ることによって飛び火していくこともありますし、そこがさらに広がる可能性が出てきます。
ですから、薬なり生活改善なりを行いつつ、決し『触らないようにすることです。
これがまずは基本であり、可能な限り触れないようにしつつ原因を探り、個別に対処していきましょう。

 

ニキビ治療薬を塗る

一つの的確な方法として治療薬を塗ることがあります。
ニキビとは、要するに肌、毛穴の炎症です。
ですから、それを抑える薬を塗れば少なからず改善します。
そこまで薬に詳しくない人でもステロイドはご存知でしょう。
最高の抗炎症薬と名高い成分であり、薬です。
しかし、効果が強い反面、副作用もあります。
免疫抑制作用が発現して起きる感染症、更にはクッシング症候群、特に長期的に利用したりしますと副腎皮質機能不全も恐ろしいです。
ステロイド系の塗り薬はニキビに極めて効果的なのですが、きちんと医師に相談をして処方してもらうことが必須なのです。

 

皮膚科を受診する

市販の塗り薬でもよいのですが、酷いようであれば早めに皮膚科にいきましょう。
ニキビ自体がどんどん悪化しているのであれば皮膚科、ニキビ跡を消したいのであれば美容皮膚科がお勧めです。
ニキビの原因は様々です。
皮脂の過剰分泌が原因であることもありますし、毛穴詰まりからの炎症もあります。
菌が繁殖してしまったことが原因となる場合もあります。
アクネ菌、マラセチア菌がよく原因菌として挙がることがあります。
治しかたも様々であり、ピーリングのような角質ケアをする場合もありますし、薬の処方もあるでしょう。
そのあたりの判断を医師に任せることができ、それは少ながらず専門家の意見なのですから治癒する最短の方法といえるでしょう。
まずは皮膚科に行き、相談しましょう。

皮膚科で処方される薬の種類

一言に皮膚科の薬といっても、当然ながらその人の肌の状態に合わせて処方されます。
市販薬も薬効が高く、強力な効果が期待できるものもありますし、単純に栄養剤のような物であることもあります。
大雑把にいえば、抗炎症剤、抗生物質、ホルモン剤、ビタミン剤などが多いでしょう。
そのニキビができた根本的な理由も大事ですが、現在のニキビの状態を改善することがまずは目標になるからです。
そういった意味ではこれらの薬が効果的であり、症状に合わせて処方されることでしょう。
ただし、処方された薬の服用、使用回数はキチンと守りましょう。

 

口周り ニキビ 皮膚科

 

ディフェリンゲル

ディフェリンゲルとは、アダパレンという化合物がメインのニキビ治療薬です。
ニキビ予防の救世主とまで言われている薬です。
薬効としては、顆粒細胞から角質細胞化することを抑えることにより、ニキビを予防してくれています。
副作用としては、赤み、乾燥、落屑、皮膚刺激があります。
実は、これを深刻な副作用とみるかどうかは微妙です。
要するに、これはニキビが治っているともいえるからです。
また、痒みも致命的な副作用とも言い難いでしょう。
しかし、美容的な問題で嫌がられることもある、という意見が多いです。

 

過酸化ベンゾイル配合の治療薬

過酸化ベンゾイル配合のニキビ治療薬の特徴は、毛包に詰まった角質の除去にあります。
また、アクネ菌に対する殺菌効果が高いのも特徴です。
抗生物質もアクネ菌によい効果があるのですが、あえて体に対する負担を軽くする為に抗生物質ではなく、過酸化ベンゾイル配合の治療薬が選ばれることがあります。
症状の判断は医師がするとしても、中程度のニキビに対して用いられることが多い成分の薬となっています。
比較的効果が遅く、数週間は見る必要がある点も特徴であるといえるでしょう。
それでも、日本で認可された時には新しいニキビ対策として脚光を浴びるほどの成分ではあります。

 

抗生物質

抗生物質系は、ニキビの原因の1つとなっているアクネ菌等の繁殖を抑える効果があります。
即効性が高く、出来るだけ早く治すことが求められる場合などに処方されることになります。
また、抗生物質には飲み薬と塗り薬の二種類があります。
飲み薬としてはミノマイシンが有名でしょう。
塗り薬としてはダラシンT、アクアチムなどがあります。
抗生物質は、効果が高いのですが長く使用しますと細菌自体が薬剤耐性を持つことがあります。
副作用もめまい、肝機能障害など多くありますから服用は非常に慎重にしないといけないタイプの薬です。
まさに短期的に治すためにある薬といえるでしょう。
効果は高いので、あちらこちらに飛び火した時などには極めて有効的です。

 

抗炎症剤

抗炎症剤として有名なのがブルフェン・イブプロフェンピコノールでしょう。
ブルフェンは飲み薬、イブプロフェンピコノールは塗り薬です。
抗炎症剤とは、名前の通り炎症を起こしている部分の鎮静効果があります。
ただし、炎症を起こしていること自体が体の防衛反応でもありますから、必ずしも即座に鎮静させることがベストではありません。
しかし、ニキビの時の処方としてはある意味では最もわかりやすく、処方されている薬であるといえるでしょう。
炎症を抑える、という無難ですが妥当な効果があるところが実に有難い薬です。
ただし、長期間の服用の場合、めまい、発汗、胃腸の荒れなどが起きることがあります。
こういった症状が起きた場合、すぐに医師に相談しましょう。

 

ビタミン剤・皮脂分泌抑制剤

肌を作る栄養にビタミンがあります。
その為、ビタミンは肌を治す成分としても挙げられます。
ビタミンには、皮膚組織の回復を促す効果があります。
ではビタミン剤にはどんなものがあるのでしょうか?
具体的には、シナール、ハイチオールなどの薬があります。
市販のサプリメントでもビタミン剤はありますが、シナールやハイチオールは、より吸収効率がよく作られています。
皮脂分泌抑制剤としては、イオウカンフルローションという塗り薬もあります。
女性の場合、ホルモンバランスが崩れることにより過剰な皮脂分泌が起きることがあり、それをイオウカンフルローションは抑えることができます。
どちらも軽度のニキビの時に用いられることが多いです。

口周りのニキビを予防する方法

口周りのニキビができる理由は色々とあるわけですが、防ぐ方法もたくさんあります。
要するにニキビの原因となるようなことを避ければ、十分に対策、予防となるわけです。
ニキビの治療薬があるのは確かですが、病院に行かずに済むのであればそれにこしたことはないでしょう。
ここからご紹介する予防法は、誰でも簡単にできることばかりです。
一つ一つが多大な効果とはいいませんが、積み重ねていけば結構な効果が期待できるのです。
是非試してみましょう。

 

正しい方法で洗顔する

日常的なスキンケアとして、大抵の人が行っているのが洗顔です。
しかし、意外と間違った方法で洗顔している人が多いのも事実。
正しい洗顔方法を知ることによって、ニキビ対策となるのです。
その方法ですが、まずはお湯を顔全体に馴染ませます。
その上で洗顔石鹸、洗顔フォームを手で泡立ててから強くしないように顔につけます。
とにかく洗浄力が強い物がよい、というわけではありませんからこの点は注意しましょう。
そして、常に肌の保湿を意識しましょう。
統計ではニキビになった人の7割〜8割程度が乾燥肌であったといいます。
その為、化粧水などで肌の潤いを保つことは効果的であるといえるでしょう。
但し、ニキビができた時に化粧水をつけることは逆効果になる可能性がありますから注意することです。
あくまで予防の一つといえます。

 

過剰なメイクをしない

基本的に肌に対する刺激も厳禁です。
例えばメイクは良いか悪いか、といえば確実に悪い行為です。
しかし、女性であればノーメイクというわけにはいきませんし、ある程度は口紅などの化粧は仕方ないことでしょう。
ですから、出来るだけ低刺激の化粧品を選ぶようにしましょう。
肌の強さは体調や体質によっても違うのですが、基本は天然由来の成分からできている化粧品が低刺激であると覚えておきましょう。
化粧がすべてにおいてニキビの大敵とはいいませんが、注意したほうがよい行為であることは確かでしょう。
過剰に刺激が強い化粧品を使うことは避けましょう。

 

食生活の改善やサプリの摂取

不摂生は肌どころか、体全体に悪い影響を与えます。
特に、食事の面で脂物は控えたほうがよいとされています。
ニキビを予防するには、食生活の改善、生活態度を改めることが大事になるでしょう。
食事で意識するべきなのはビタミンです。
食事で十分なビタミンを摂ることができない場合、サプリメントなどで補うことがお勧めです。
但し、過剰に摂取しないよう注意しましょう。
サプリメントを服用する際は、一日の用量はキチンと守ることが重要です。

 

生活習慣を改善する

生活改善のポイントは、なんといってもストレスです。
ストレスは、肌にとても悪い影響を与え、ニキビの原因となります。
そのため、ストレスを軽減するには、しっかりと栄養のある食事をして、きちんと睡眠をとり、適度に運動をする、ということを心がけましょう。
ニキビも意味がなくできるわけではないのですから、生活習慣を改善することは重要です。
ただし、極端に規則正しい生活を意識すると、逆にそれがストレスになります。
まずは、出来るだけ規則正しい生活ができるようにするところから始めてみましょう。

ニキビケアに特化したおすすめコスメランキング

ニキビ跡を治療するには、皮膚科に行くのがおすすめですが、他にもニキビ跡ケアの方法があります。
自宅で簡単にケアするのであれば、ニキビケアに特化したコスメを使うと良いでしょう。
ニキビ肌専用の化粧水などは、ニキビ予防に有効です。
ビタミンが配合されているコスメであれば、ニキビを防ぎつつ、その上で美肌効果も期待できるのです。
ニキビケアコスメとして人気があり、評価が高いものいくつかを紹介したいと思います。
ご自身の肌質に合うかどうかが最大のポイントにはなりますが、とにかく評判がよい物から試してみましょう。

 

リピート率98%のニキビケアプログラム!「ビーグレン」

ビーグレンは、Qソームという独自の浸透技術によって作られたニキビケア化粧品です。
公称リピート率98%としており、レビューや口コミサイトを見ても、繰り返し利用している人が多く見受けられます。
ビーグレンは、洗顔フォーム、クレイローション、美容液、モイスチャーゲルクリーム、の4つの構成となっており、基本的にはセットで使うことが推奨されています。
ニキビによい成分を浸透させることを意識して作られたケミカル化粧品です。
肌に対する刺激には考慮されているのですが完全無添加ではありませんから、注意しましょう。

 

返金保証のあるニキビ肌専用化粧水!「リプロスキン」

リプロスキンはニキビ跡によいとされている化粧水です。
ニキビ跡専用化粧品として、評判にになっています。
120日間の返金保証があり、とりあえず試してみることが気軽にできるのも特徴です。
120日間、利用して満足できない効果でしたら返金に応じる、というかなり充実した制度になっています。
リプロスキンはいわゆる、導入型化粧水です。
プラセンタやビタミンC誘導体を含み、肌のターンオーバーに効果的であるとされており、ニキビ跡の改善、修復が期待できることは確かでしょう。
レビューや口コミでは、「効果を実感するまでに時間がかかる」、「ニキビ跡が目立たなくなるまでに数か月は必要」、という若干のマイナス評価もありますが、そもそも肌は一朝一夕で回復しません。

 

口周りのニキビ専用ジェル!「メルライン」

売上日本NO1、と銘を打っているのがニキビ専用ジェルのメルラインです。
メルラインは、顎ニキビケア薬用化粧品です。
水溶性コラーゲン、各種ヒアルロン酸、濃グリセリン、トレハロース、などなど肌によい成分が多く、ニキビケアに効果を発揮します。
また、保湿成分が肌のターンオーバーもサポートしてくれます。
合成・香料、鉱物油、着色料、アルコール、パラベンの5つの添加物を使用していない事も特徴です。
また、アロマオイルも配合で香りによるリラックス効果も期待できます。
180日間の返品保証がありますから、メルラインの使用は一考の価値があります。

まとめ

ニキビ対策はその原因を知ることから始めましょう。
何が悪いのかを知ればそれは避けられます。
例えば、不規則な生活や過度な化粧、肌に対する刺激を避けるようにすれば、かなりニキビを予防できます。
それでもニキビができる事はありますから、その際は皮膚科に行きましょう。
また、スキンケア化粧品の中にはニキビに特化したものがありますから、そうした商品を試してみると良いかもしれません。
少なからず費用がかかりますが、それでニキビが予防され、改善され、ニキビ跡が消えるのであれば安い物でしょう。
やれることはいくつもあるのです。
一つ一つ確実にこなしていきましょう。