口周り ニキビ 脱毛

顔を脱毛すると口周りニキビができにくくなるの?

口周り ニキビ 脱毛

サロンやクリニックなどで顔脱毛をすると、口周りにニキビができにくくなると聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?
鼻下や頬、口周りなどの顔脱毛をすることで、口周りだけでなく、顔全体にニキビができにくい状態になると言われています。
この効果は、女性だけでなく男性でも同じです。
ここで言う顔脱毛とは、カミソリなどを使った自己処理ではなく、脱毛サロンやエステサロン、医療機関での脱毛のことです。
顔脱毛でムダ毛がなくなれば、顔全体のトーンも明るくなり化粧のりも良くなります。
顔脱毛とニキビの関係を知って、ニキビの悩みを解消しましょう。

 

ニキビ予防になる理由は毛穴が引き締まるから

ニキビの原因は、一言でいえば毛穴が詰まることです。
毛穴に古い角質や皮脂が詰まることにより、アクネ菌が増殖し、あの嫌なニキビができることになります。
顔脱毛をすると、産毛などのムダ毛がなくなり、毛穴が引き締まるため、ニキビの原因である毛穴詰まりが起きにくい状態となります。
また、毛穴が引き締まることで肌のきめが整い、毎日のスキンケアの効果が出やすくなります。
顔脱毛をすることで、毛穴が引き締まって毛穴詰まりを防ぎ、毎日のスキンケアも効果が出やすくなるため、ニキビ予防につながるのです。

 

ニキビ跡も目立たなくなる

頻繁にニキビができる人にとっては、顔脱毛でニキビができにくくなるだけでも大きなメリットです。
しかし、顔脱毛をするとニキビ跡も目立たなくなるのです。
ニキビで悩んでいる人の多くが、ニキビ跡にも悩んでいるのではないでしょうか?
ニキビ跡を隠すために、毎日のメイクは時間がかかるという人もいるかもしれませんね。
顔脱毛をすると産毛がなくなることで肌が明るく見えるようになり、ニキビ跡が目立たない状態になります。
毎日メイクによってニキビ跡を隠していた人も、薄塗りのナチュラルメイクでも十分にニキビ跡を目立たなくすることも可能です。

 

脱毛でニキビが増えることはないの?

ニキビ予防には効果的な顔脱毛ですが、脱毛をしたことでニキビが逆に増えたと感じる人もいるようです。
その理由として、医療レーザーを照射された際に毛穴に燃えカスのようなものが詰まってしまい、ニキビに似た毛包炎や毛嚢炎といった肌トラブルが起きることがあるためです。
また、脱毛サロンでの光脱毛には、肌の代謝を良くする効果もあると言われています。
その効果により、好転反応としてニキビができてしまうことがあります。
しかし、これらはどれも一時的なものです。
顔脱毛の施術を受けると一時的に炎症を起こすことがありますが、しばらくすればその症状も落ち着いてきます。

 

ニキビがあっても脱毛はできる?

顔脱毛をしてニキビ予防ができるのなら、すぐにでも施術を受けたいという人も多いでしょう。
しかし、施術を受ける前の注意点があります。
それが、すでに炎症を起こしているニキビがある状態では、脱毛を断られるケースもあるということです。
白ニキビ程度であれば施術をしてくれるところもあるようですが、赤ニキビや黄ニキビといった症状ではまず施術を受けることができないと考えておく必要があります。
無理に施術を受けると、光やレーザーによる刺激によって炎症が悪化し、皮膚にトラブルが起きたり、施術でも強い痛みを感じることもあります。
ニキビが炎症を起こす前の段階であれば問題ないので、今の状況をよく確認して、安全に顔脱毛をしましょう。